短納期化の実現|タクトシステムズの特徴|高品質なシステムを導入する
男性

タクトシステムズの特徴|高品質なシステムを導入する

短納期化の実現

IT

タクトシステムズの持つ強みは4つ存在し、その内の一つに「TOCに基づく全体最適化による納期遵守率の高さ」が挙げられます。全体最適化というのはCCPM(Critical Chain Project Management)の事を指し、CCPMはTOC(制約条件の理論)を発展させたプロジェクト管理手法です。このプロジェクト管理手法は人間の行動特性とアルゴリズムに着目して構築されており、システム開発の効率化を実現することができます。タクトシステムズでは、CCPMを実践することによって一般的な開発期間を大幅に短縮し、短納期化を可能にしているのです。短納期化が実現することによって、タクトシステムズは高い納期遵守率を維持しています。

タクトシステムズにおけるCCPMに基づいたプロジェクトの流れというのは、最初に目的・成果物・成功基準等を明確にすることから始めます。次に、必要なタスクや依存関係の洗い出しを行ない、リソースの負荷分配を行なうのです。そして、クリティカルカールチェーンを特定したのち、バッファを設定します。ここまでがプロジェクトにおける計画にあたる部分です。計画を立てた後には、計画に基づいてプロジェクトを実行する必要があります。プロジェクト実行時には、残日数で進捗状況を確認しつつ、バッファの色によってプロジェクトの危険度を把握するといった流れをプロジェクト完了まで繰り返します。そうすることによって、タクトシステムズでは短納期化を実現しているのです。もし、業務の効率化をはかるためのシステムを導入したいと考えている企業が存在するのであれば、タクトシステムズに依頼することによってより早く画期的なシステムを導入することができるでしょう。