臨床試験支援サービス|タクトシステムズの特徴|高品質なシステムを導入する
男性

タクトシステムズの特徴|高品質なシステムを導入する

臨床試験支援サービス

ネットワーク

タクトシステムズが開発・提供しているシステムの一つに、「臨床試験支援サービス」と呼ばれるものが存在します。臨床試験支援サービスというのはライフサイエンス業界向けのシステムで、臨床試験や治験によって得られる様々なデータを一元管理することが可能です。例えば、症例登録やCRF/調査票といったデータがそれにあたります。それらのデータは基本的に24時間いつでも入力することが可能で、入力されたデータはシステム内のデータベース上で一元管理されます。データの一元管理が実現することによって、情報管理を効率化することができるでしょう。また、情報を活用できる幅も広がるはずです。

タクトシステムズの提供する臨床治験支援サービスというのは、基本的に依頼を受けてからシステム開発を行なっていく製品となっています。その理由としては、ライフサイエンス業界における臨床試験・治験というのは企業によって内容が異なるといった点が挙げられます。内容が違うということは、データの管理方法も違ってくるのです。タクトシステムズでは、依頼主となる企業の臨床試験及び治験の内容に加えて企業側の要望に応じたシステムを短納期・低コストで提供してくれるのです。つまり、タクトシステムズに依頼することによって、ライフサイエンス業界に属する企業というのはより最適なシステムを導入することができるということになります。システムの形態はクラウド型となっているため、導入も簡単に行なうことができるでしょう。